育休と旦那さんの使い方

ママさん看護師が仕事と子育てを両立させるために何よりも重要なのは、いかにして旦那さんに協力してもらうかということです。しかし旦那さんの中には「育児や家事は女性がやるもの」と頭から思っている人も少なくありません。このような考え方の人に理解してもらうためには、一度子育てを体験してもらうのが一番です。

 

そこで育休の時に自分が仕事をしていないからといって、すべて子育てをすべきではありません。旦那さんを積極的に巻き込んで、いかに子育てが大変かということをわからせるようにしてください。

 

この時子育てになれていない旦那さんの中には、うまくできない、失敗してしまうこともあるでしょう。その場合に怒ってしまうと、子育てのやる気がうせてしまいかねません。そこでほめて伸ばすことを意識しながら旦那さんのことを温かい目で見守ってあげることです。そうすれば、育休が終わって仕事復帰するときに積極的に育児や家事も手伝ってくれるようになるはずです。


このページの先頭へ戻る